キャットフードの知識

猫に危険な食べ物

人の食べ物でも、猫には害を及ぼすものがあります。

以下のものには十分注意して、与えないようにしましょう。

× タマネギ・ネギ・ニラ・ニンニク

タマネギなどに含まれている猫に有害な成分(アリルプロピルジスルフィド)が赤血球を破壊し、犬や猫が大量に食べると、血尿や下痢、嘔吐、発熱などを引き起こすおそれがあります。

加熱してもこの成分は分解されず、ハンバーグやカレーなどのタマネギが含まれる加工食品、また、タマネギそのものではなくても、エキスがしみ出た味噌汁やすきやきの煮汁など与えてはいけません(同様の成分は、長ネギ、ニラ、ニンニクなどにも含まれています)。

× チョコレート

猫にチョコレートを与えると、テオブロミンが原因で嘔吐、下痢、発熱、けいれんの発作などを引き起こします。

室内飼育の場合には、買い置きのチョコレートなどを部屋に放置しないようにしましょう。

× キシリトール

キシリトールは、虫歯予防などに有効として人間用のガムや歯磨き粉などに含まれていますが、猫が食べてしまうと血糖値を下げるホルモン「インスリン」の分泌が非常に強く起こります。

猫は糖分を摂取しないので、体内に十分な糖分がないため、インスリンが大量に分泌されると血中糖分濃度が低下して低血糖を起こしてしまいます。

嘔吐、痙攣、肝不全を起こして死に至ることもあります。

× 鶏の骨

鶏の骨は縦にさけやすく、噛んで割れるととがった形状となり、のどや消化管を傷つけることがあるため、与えてはいけません。

× 生の魚介類(魚・イカ・タコ・エビ・カニ)

生のイカや貝などの魚介類や、カニ、エビなどの甲殻類はビタミンB1を分解する酵素を持っているため、猫に与えると体内のビタミンB1が欠乏して後脚の麻痺を引き起こします。

魚介類は必ず加熱調理をして与えるようにしましょう。

× ブドウ・干しブドウ

猫にとって腎不全の原因になります。

特に、ブドウの皮は与えてはいけません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA