ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアの起源

ブリティッシュショートヘアはイギリスの歴史に起源する最も古い猫種の一つです。

この猫の魅力を案内するために、その背景となった当時のイギリスの歴史について説明します。

紀元前55年、共和制ローマ帝国の将軍ジュリアス・シーザー(英語読み)はケルト系部族の治めていた現イギリスのグレートブリテン島南岸に侵攻し、主権を確立し、新しい州を「ブリタニア」名付けました。これがそれ以降の「ブリテン」の名前の由来になりました。

以降ローマ帝国の支配が行われましたが、西暦400年代前半ローマの政情不安定が原因で西暦410年ローマの支配は終わりました。

当時のローマ人は農耕をもたらすとともに、ネズミ対策のために猫を持ち込みました。

やがてローマ人が引き揚げた後も、隔絶された島内の環境に適応して繁殖が進んだ結果、長い年月の中で個性的な地域猫として最古の猫種『ブリティッシュ・ショートヘア』が出現した訳です。

特にブリティッシュショートヘアの代表と位置付けられている毛色「灰色(ブルー)」は永遠の傑作と讃えられており、「ブリティッシュブルー」と呼ばれています。

これはキャットショーが開催されるようになってある時期までブリティッシュショートヘアの出陳がブルーの毛色に限られていたこと、人気がこの毛色に集中していたことによります。

世界最初のキャットショーは1871年7月13日(明治3年)、イギリスのロンドンクリスタルパレスで開催された猫展覧会が最初であり、数多くの優秀賞を獲得しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です