ラグドール

ラグドール

ラグドール(Ragdoll)は長毛種の大型猫であり、原産国はアメリカ合衆国です。

性格は非常におおらかで抱きかかえられることも好む事から、ぬいぐるみが連想され、この名前が付きました。

人間の子供などに対して寛容に接する懐の深さをもち、鳴き声も静かです。

比較的帰巣本能が強いため、譲渡や引越しには神経質になる可能性があります。

一説には白いペルシャとシールポイントのバーマンの仔がバーミーズと掛け合わされて生まれたと考えられています。

アメリカで1965年、イギリスで1983年に登録された比較的新しい種で、詳細な出自は不明です。

特長の瞳はブルーで、胸の前まで長めの被毛に覆われ、その姿はさながらよだれかけを掛けているようです。

模様はポイントがベースになっており、その上に白色が乗る様な形になっていますが、ミテッド、バイカラーの場合は幼い時は白色なので後からポイントが表現されるように見えます。

模様の種類はポイントミテッドバイカラー(血統書団体によってはトーティ、ヴァン・バイカラーも存在)があります。

毛色はシール(こげ茶)・ブルー(灰色)が多いですが、チョコレート(薄いこげ茶)、ライラック(薄い灰色)、レッド(茶)、クリーム(クリーム色)、フォーン(子鹿色)、シナモンなどがあります。
また、ミテッドとバイカラーの模様に縦縞が混じるリンクスも存在します。

完全に成長するまでには約4年を要し、大型種(現在中型種に分類)です。
10 kg前後まで成長するのは稀で、現在はメスで4.0 kg – 6.0 kg、オスで4.5 kg – 7 kg位が一般的です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です