猫の知識

アビシニアンの知識


アビシニアン(Abyssinian)の起源については諸説があり確定されていません。

しかしその名前はエチオピアの旧名アビシニアに由来します。

1868年、イギリス・アビシニア戦争後、従軍したイギリス兵がエジプトのアレクサンドリアの港にいた「ズーラ」という名の雌ネコをイギリスに持ち帰ったのが起源とされています。

イギリスの医師ゴードン・ステーブルスが書いた『CATS: Their Points and Characteristics』(1877)には、「ズーラ」という名のメス猫がエチオピアからイギリスに持ち込まれ、バレット・レナード陸軍大尉夫人のペットになっていると記されています。ズーラはどんな猫よりも猫らしく、野性的だったそうです。

その後、イギリスで在来の縞ネコと掛け合わされ、ヨーロッパに広まったと見られる。世界中のほとんどのアビシニアンはこのズーラの子孫といわれていました。

しかし近年の遺伝子分析研究で、インド大陸ベンガル湾周辺の土着猫が祖先である可能性が指摘されています。

オランダのライデンあるナチュラリス生物多様性センター(自然史博物館)には、アビシニアンと大変よく似ている猫の剥製が保存されていますが、その猫は1830年代中ごろにインドから来たものと説明されています。

イギリスは古くからインドと交易があるため考えられることです。

さらには外観上の類似点から、イエネコの祖先であるリビアヤマネコとも血縁が近いといわれています。

古代エジプトの壁画や出土品に描かれていたネコの特徴がアビシニアンによく似ているので、エジプト原産という説もあります。

猫は女神バステトの化身として崇められており、クレオパトラに愛された猫ともいわれています。

アメリカには1900年代に持ち込まれ、イギリスでは1929年にThe Governing Council of the Cat Fancy(GCCF)が猫種登録をしています。

外見上の特徴

アビシニアンはティックド・タビーの美しく輝く極細かい縞パターンに包まれた、シャープで筋肉質の体格を持つ、やや小さ目の中型猫です。

頭は丸みを帯びた逆三角形で、おでこにあるM字型のタビー模様が特徴的です。

大きな耳と大きな丸いアーモンド形の目が印象的な美しい顔立ちをしています。

目の縁にはマスカラを施したような濃いラインと、それを囲むような明るめなラインがあります。

瞳は琥珀色(ゴールド)緑色(グリーン)、茶色(褐色)に輝いています。

足は細長い筋肉質のフォーリンタイプの猫で、小さく丸い手(足先)を持っています。

しっぽは長く、標準的な体重は3~5kgとされています。

アビシニアンの毛色

アビシニアンの主な毛色はルディーレッドブルーおよびフォーンの4色です。

アビシニアンの毛色はソリッドに見えますが実はタビーで、1本の毛に色合いの変化がある毛の集合体です。

被毛は1本1本が3〜6色ほどに分かれている珍しいカラーで「グラデーションカラー」又は「アグーティーダビー(アビシニアンダビー)」とも呼ばれています。

濃淡がある被毛は光の加減や身のこなしによってキラキラと美しく輝きます。

これをティックド・タビーと呼びます。子猫の頃はしっぽや手足に、よりタビーらしい縞が浮き出ることがありますが、多くは成猫になるに従って、非常に細かいティックドになっていくようです。

よ。

アビシニアンの性格

アビシニアンはエレガントで高貴な容姿と裏腹に、好奇心が強く活発で、非常に甘えん坊です。

アビシニアンは見た目がワイルドなので凶暴な性格と勘違いされがちですが、実際はおおらかで人なつっこい性格をしています。

甘えん坊で飼い主とのコミュニケーションをしたがる猫です。

賢くて物覚えが早く、名前を呼ばれると返事をしながらかけ寄ってくる姿から「犬のような猫」ともいわれています。

声がきれいなことでも知られていますが、大きな声で鳴くことはあまりありません。

鈴を転がすような繊細な鳴き声で、さまざまな自己表現をみせてくれます。おしゃべりが大好きな猫なのです。

飼い主さんの後をついて回る姿が愛くるしくて、猫との深いコミュニケーションを望む方にはオススメな性格の猫といえます。

運動神経がよく活動的

アビシニアンは引き締まった筋肉質の肉体から察せられるように、運動能力は素晴らしいものがあり、高い所に上るのも好きです。

好奇心が旺盛で活発な性格もあるため室内で猛スピードでダッシュして、モノが壊れたりひっくり返ったりすることがよくあります。

肥満の予防のためには、運動が必要不可欠です。運動量を確保するために、家の中にキャットタワーなどを設置して遊び場を確保してあげてください。

他には「扉付きのケージ」「キャリーバック」「トイレ」「食器類」「循環式給水器」「猫用ベット」などを用意してあげると良い飼育環境といえます

人間と遊ぶことも大好きで、ボールを投げれば取って来る、遠くから呼べばやってくる、犬と同じようにお手を教えるとできるなどエピソードには事欠きません。

初対面の人間や、ほかの猫や犬などのペットとも仲良くでき、人間の子どもに対しても上手に相手をします。 8

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です